前へ
次へ

着物に付属をしている小物の買取

着物を持っている人は当然帯も持っていますし、他にも付随するものを多く持っているということがあります。
帯留めなどかなり凝った細工がされているものをたくさん持っているということもあるでしょう。
着物が不要になれば、着物に付随するものもその使用目的を失ってしまいます。
そこで着物買取業者に依頼をして小物まで買い取ってもらうとよいでしょう。
帯もかなり高額なものがあるので、ある程度の価格で対応をしてもらうことができるかもしれません。
着物買取業者では着物に限定をして買い取っているということはあまりないようです。
ですから、小物類もすべて出してどういうものがあるのかチェックをしておくとよいでしょう。
そうすることによって、不要なものを廃棄するのではなく、価値があるものとして買い取ってもらうことができ、現金を手にすることもできるようになるでしょう。
小物の中にもかなり高額なものが紛れているという可能性も十分にあります。

着物を売る際は付属品も一緒に提出してください

着物を購入する場合、単品で査定に出すより付属品を付けた方がよい場合があります。
売却するお店によっても変わってきますが、そのような付属品がついていたほうが高値を期待できます。
着物を売却するために整理する際、草履や帯などの付属品も数多く出てくることがあります。
そういう付属品はつい捨ててしまいがちですが、着物買取専門店に売却を依頼する場合、着物とセットで売ると査定アップすることが多いです。
もちろん単品の着物だけでも十分に価値はあるのですが、買取店にしてみたら、付属品もセットになっていた方が次も売りやすくなるからです。
さらに、小物などは単品では価値がつかないものなども、セット買いになることで価値がつくことも十分に考えられます。
どうせ捨てるのであれば、着物本体と一緒にセットで売った方がいいに決まっています。
これから着物の売却を予定している方は、ぜひ付属品の方も一緒に提出することをオススメします。
また、その場合は早めに整理しておくとよいです。

Page Top