前へ
次へ

着物買取を行うイベントは避けよう

まれに着物買取イベントとして、フリーマーケットをはじめとしたイベント会場で買取を開始する業者も少なくありません。
しかし、それらの業者の場合、確実に買い叩かれる可能性があるため、絶対に避けましょう。
その理由として挙げられているのは、イベント会場で着物に詳しい人材が買取査定を行っているかどうかはっきりしないことと、会場ごとに状況が変わるため、必ずしも着物に正しい評価をされるとは限らないことです。
そのため、適切に着物に対して評価をしてもらいたいのであれば、信頼できる業者に依頼することが一番といえます。
着物の状況は保管状況によっても多少異なることだけでなく、着物の素材や生産している土地や人間国宝をはじめとした人々が携わっている可能性もあるため、専門知識がない人でなければ、正しい評価を下すことは出来ません。
適切に着物の価格を知りたい人、正しい価格で着物を売りたいと考えている人であれば、イベントなどで買取査定を依頼するのではなく、信頼性が高い買取査定を行っている着物買取業者に査定を依頼してください。

損せずスムーズに着物買取をしてもらう

先日祖母の七回忌法要がとりおこなわれました。
買い物が好きだった祖母の遺品は多く、洋服、着物、小物、家具などさまざまな物がありました。
父が少しずつ処分しているとはいえ、今もなお納屋に多くの物が残されています。
着物も多く眠っており、父は買取を考えているとのことでしたが、どうしたら良いのか悩んでいるとのことでした。
新聞広告や、テレビのコマーシャルで見かける買取業者に頼んでみることも考えましたが、腰があがりませんでした。
そこでインターネットで調べてみると、着物買取査定ができるとのことでした。
しかも、複数社で見積もりを出してもらうことができ、比較できるそうです。
さらに、買取の相場が記載されているものもありました。
この時、なぜ父が買取業者に連絡するのをためらっていたのかがわかった気がしました。
私たちは着物に関する知識がほぼゼロといっても過言ではありません。
それゆえに不安があったに違いありません。
大事に着ていた着物だからこそ、捨てるのは言語道断、せめて適正にかつ真摯に買取してほしい、というのが父の想いだったのでしょう。
さっそく見積もりを出してもらおうと着物を調べています。
買取を依頼するこちら側が、多少最低限の知識を入れておくことで、信頼して気持ちよく買取をお願いできるようです。

Page Top